fbpx

「 z_hollywood 」 一覧

Kaito - Japan

2018/10/08   -Testimonials
 ,

ハリウッド校の注目生徒 Kaitoは、日本は仙台出身です。彼はブレイクダンサーでビジネスマンでもあります。彼は、ロサンゼルスで既に7か月滞在していて、ESLとカンバセーションの2つのプログラムをハリウッド校で受講しています。 “僕は今年の1月にビギナー1のクラスから受講を始めました。’am’、’is’、’are’などの基本的な英語すらわかりませんでした。話せないし、周りが何を言っているのか理解もできませんでした。先生にとても恵まれていたので僕はビギナークラスが好きでした。先生の言っていることを理解できなかったけど、クラスを楽しむことができました。クラスメイトはいろんな国から来ていたので、たくさんの友達を作ることができました。 僕は、2か月前にカンバセーションプログラムのインターメディエイト(中級)に変更しました。今では友達と話す度、’英語力伸びたね!’と言ってもらえて、自分でもそう実感しています。今では、英語が理解できて、少しだけど話せるようにもなりました。 放課後は、ヒップホップや’Dogg Pound’ や ‘South Central Cartel’などのギャングスターラップを聞くのが好きです。 カンバセーションプログラムでは、話す・聞くの英語の分野の練習が出来るので、このプログラムを僕はお勧めします。イディオムも学べるのでとても役立ちます。最後のアドバイスは、英語を話すことを恥ずかしがらないことです!” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

Aayush - India

2018/09/16   -Testimonials
 ,

Aayushは、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラー出身です。彼はアニメーターとアーティストになりたくて、アニメーションを学ぶためアメリカへ来ました。更に、自身のアニメフィルムを制作するため、アメリカでフィルムメーカーになることを決意しました。4か月前、彼は ビジネスプラスTOEICのクラスをハリウッド校にて受講開し、英語力向上に励んでいます。 私は今日、彼にロサンゼルスでの節約方法について聞いてみました。彼の答えは、、、、 “ロサンゼルスの公共交通機関はとても良いです。TAPカードと呼ばれる週や月のメトロ定期を購入すると節約もできます。Uberやタクシーはできるだけ控えた方が良いです。 パーティーやお酒を飲んだり、食べたりすのが好きな人は、”eventbrite” と呼ばれるウェブサイトを見てみてください。ここでは、パーティーやレストランへの無料招待や格安チケットが取得できます。Warner Brothers や、Gofoboへ登録すると、無料で映画鑑賞ができたりするので、僕はそれでたくさんの映画を見ました。1iota.com からは、Jimmy Kimmelや、Ellen Degenersなどのテレビ番組へも視聴者として行けます。また、月額$10で、”MoviePass”が購入でき、多くの映画館で無償で映画鑑賞が出来ます。ハリウッドのウォークオブフェイムの近くにあるTekila Barでは、ハッピーアワーを毎日開催しています。(ハッピーアワーとはドリンクやフードを定価より安く飲食できる時間のことです。)その他のスペシャルオファーもハッピーアワーに加えて提供されます。もしあなたがボーリングが好きなら、カルバーシティにある”Pinz Bowling”を調べてみてください。$8でボーリングし放題です。 買い物は、ハリウッド通りのチャイニーズシアターの反対側にある、”Miniso”をお勧めします。家庭用品や、文具、お土産、電化製品などがとても安い料金で販売されています。 ロサンゼルス、楽しんでください!” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

Julia - Poland

2018/09/16   -Testimonials
 ,

Juliaは、ポーランドのクラクフ出身で、輸入の仕事をしています。彼女はいま、旦那さんと娘さんとご一緒にロサンゼルスで暮らし、ビジネスプラスTOEICのプログラムをハリウッド校で受けています。学校外では、Juliaはビーチへ行ったり、ロサンゼルス探索をするのを楽しんでいます。将来、彼女はアメリカ国内を旅行したいと思っています。 “私は、3週間前からMLIに通い始めましたが、既に自身の成長に気づいています。周りの人の言っていることが理解できます。前までは雑音のように聞こえていましたが、今では、集中して聞いて英語の理解をするようにしています。 学校では英語オンリーなところが私は気に入っています。英語以外の言語を話さないということはとてもいいことだと思います。家では家族や友達と話すときは、ポーランド語やロシア語で話をするので、学校では英語の練習がたくさんできます。授業では、たくさんの単語を学びます。授業外では、毎日Netflixを1~1時間半見ます。最初は、字幕を見ていたので、リスニングよりもリーディングの練習をしていることに気が付きました。なので、先週は字幕なしでテレビを見ました。テレビは、ローカルな日常英語を学ぶのに役立ちます。また、本も読んだりします。 MLIでは、先生ともフレンドリーに過ごせるのでそこも好きです。色んな事を先生と話したり、ディスカッションをしたりします。私はアメリカのライフスタイルについてたくさん学びました。私のクラスには、私よりもはるかに英語のレベルが上の生徒もいるので、とても英語力向上に役立ちます。私はMLIをみんなにお勧めします!” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

Johanna - Columbia

2018/08/14   -Testimonials
 ,

“学校に通い始めるまえは、英語で話すことにとても恐怖心を持っていました。今では、誰かと英語で話すことにも自信を持てるようになりました。” Johannaはコロンビア出身です。彼女は、Sexual and Reproductive Health(性と生殖に関する健康と権利)の分野の修士号を取得し、NGOで看護師として過去5年間働いていました。彼女は母国で女性運動家として女性の権利について活動をしています。Johannaは、仕事と自分自身のために英語力の向上をするために2ヶ月前にロサンゼルスに来ました。彼女はいま High Intermediate(中上級) クラスを受講しています。 “MLIは、英語のスキルと実践力を与えてくれます。今ではどの分野を向上させなければいけないのか、私の場合はスピーキング、グラマー、特に過去形、を理解してきました。MLIでは、ネイティブの先生などがいるので、英語力向上にもつながるためMLIではとても良い経験ができています。いろんな国からくる生徒たちとも英語を実践して練習できたりすることもとても自分のためになります。授業内では、家族、恋人、仕事、動物、環境についてなど身近なトピックを話します。ゲームをしたりビデオを見たりする授業もたまにあります。 英語力の向上のために私はほかにも実践していることがあります。放課後には、授業で出された宿題をします。ヘルプが必要な時には、プログラムコーディネーターに聞きに行きます。毎週水曜日には、ハリウッド校の近くの公共図書館で開かれる無料のカンバセーションクラスに参加します。映画やテレビを英語で見たり、英語の音楽を聴いたり、たまに友達と出かけて話したりします。” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

Vaclav - Czech Republic

2018/07/30   -Testimonials
 ,

ハリウッド校の注目生徒 Vaclavはプラハから100キロメートル離れたチェコ共和国の出身です。彼は昨年高校を卒業しました。アメリカへ来ることは、彼の長い間の夢でした。彼はいまハリウッド校の、High Intermidiate(上級クラス)で勉強をしています。 “アメリカへ着いた後の最初の週は、とても大変でした。僕は母国では、かなり自信家で、人気者で、社交的で、おしゃべりでした。でもアメリカでは全然違いました。とてもシャイで、誰かに話しかけたり、出かけたりすることがとても怖かったです。僕はかなり気がめいっていて、今までに感じたことのない感情でした。僕の父は、僕が語学学校に行くことを予測していました。父は、他国の人と知り合ったり、英語を話す練習ができるのはとてもいいアイデアだと思っていました。MLIに出会うまで、僕は学校を色々探しました。MLIは、僕の滞在先からとても近くて、ほかの学校に比べると学費がとても安かったです。 学校初日、僕は自分の選んだこの学校が正解だったなと思いました。MLIでは、たくさん注目されます。少人数制クラスなので、先生も生徒1人1人に集中してくれるので、その点がとても気に入っていて先生に感謝もしています。他国から来た人と会話をすることは、そんなに難しいことじゃないんだと気づけてから、とても気が楽になりました。MLIへ来る前は、ネイティブスピーカーが何を言っているのか理解するのがとても大変でした。面白いことに、自分では英語ができると自賛していても、ネイティブスピーカーはとても早いスピードで話し、慣用句やスラングを使用するので、全く理解ができませんでした。MLIでは、先生たちがとても鮮明に分かり易く話してくれるので、僕も自信が持てるようになり、学校外でも人と会話ができるようになりました。ハリウッドサインや、グリフィス天文台、サンタモニカピアなどいろんな場所にも行くようになりました。僕からの成功のためのアドバイスは、例え少し怖くても、自分の背中を押してあげて、MLIで話せるだけ話すことです!失敗を恐れずに!旅してこそ人生、旅して世界を見ましょう!” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

Tanice - Brazil

2018/07/18   -Testimonials
 ,

ハリウッド校の注目生徒 Taniceは、ブラジルのPorto Alegre出身です。彼女は1年前にバケーションでロサンゼルスへ来ました。アメリカで、彼女は自分の英語力が全然ないことに気づき、コーヒーを注文することも難しいくらい彼女は英語の壁とぶつかっていました。彼女は自分の英語力を伸ばすため、MLIのハリウッド校へ入学することを決めました。彼女はフリータイムにビーチへ行ったり、運動をしたり、ハッピーアワーを楽しんだりするのが好きです。彼女はいま、ESLのアドバンスクラスを受講しています。 “初めてアメリカに来た時、私は英語が全然話せなかったので、とても怖かったです。でも、その怖さに私を止めさせることはさせませんでした。私は間違えていたとしても、常に話す努力をしました。私の英語力向上に一番効果的だったのは、Uberの運転手や、バリスタ、道で出会う人、みんなと話すことでした。シャイな性格ではないので、私から皆に話しかけました。もう1つ私の英語力を上げてくれたのは、ブラジル人とだけではなく、ほかの国から来た人と友達になることでした。同じ国からきている人と一緒にいることはとても居心地が良いけれど、英語力向上にはつながりません。YouTubeの動画を見たりして自己流で英語を学びました。”English with Leila and Sabrah”が私のお気にいりのユーチューバーです。新しいビデオをたくさん更新していて、とても面白いです。ブラジル人やアメリカ人の英語の先生のインスタグラムもフォローしています。毎日、ネイティブのように話すにはどうするべきかのチップを更新してくれます。インスタグラムで、@mariovergara (ポルトガル語・英語)を見てみてください。他に私がやっていることは、寝る前にイディオムアプリを使ったり、ジムにいるときは Duolingo を使うのが好きです。日々英語スキルが学べます。MLIへ来る前は文法を学んだことがありませんでした。学校では、辞書なしで正しく書いたり話したりできるよう、教えてくれました。” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

私の一番のアドバイス:自分に自信を持って!

2018/07/17   -Testimonials
 ,

日本出身のサトウ ユカリは、MLIのハリウッドキャンパスでずっと勉強をしています。彼女は、ペイントしたり、本を読んだり、料理をしたり、ダンスをするのが好きです。彼女は将来、ダンスを教えて、俳優として活躍することを目標としています。 “私はいま、ノースハリウッドでホームステイをしています。このホームステイ先を選んだ理由は、今のホストマザーが大好きだからです。学校の友達のナナミが、私に今のホストマザーを紹介してくれました。このお家のいいところは、建物内にプールがあって、道路を挟んだ先にはジムがあるところです。私のホストマザーは日本語が話せないので、私の英語力も向上しています。英語がネイティブな家族と英語の練習をしたい人には、ホームステイがお勧めです。 放課後は、ペイントをしたり、本を読んだり、料理したり、ダンスしたりするのが好きです。ジャズファンク、ヒップホップ、コンテンポラリー、ヒールのダンスレッスンを受けています。ロサンゼルスにはとても良いダンススタジオがたくさんあります。Playground という メルローズにあるダンススタジオでは、皆踊ることを楽しんでいるので、良いスタジオだなと思います。ミレニアムには、ワークショップがあるときや、特別なインストラクターが来るときのみ通っています。ムーブメントライフスタイルは、ノースハリウッド駅からとても近く、とても良いスタジオです。ムーブメントライフスタイルでは、みんなダンスに熱中しているので好きです。将来はダンスを教えたり、演技をしたりしたいです。ロサンゼルスでのダンス留学に興味がある人は、インスタグラムで好きな先生を見つけて、どこで教えているのかをリサーチすることをお勧めします。どのダンススタジオが自分に合っているか判断するのに、ロサンゼルスに到着するまで待つ必要はありません。 私の一番のアドバイス:自分に自信を持って! 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

スクールアクティビティ

2018/06/25   -Testimonials
 ,

ハリウッド校の注目生徒 Chintan Shahは、生まれも出身もインドのMumbaiです。彼は、大学でITを学び、ITテクニシャンとして、1年間働いていました。しかし、彼には映画監督になるという大きな夢があり、彼はインドでの仕事を辞め、ロサンゼルスへ越してきました。4年間ロサンゼルスで生活をしていて、20件以上のショートムービーや、15件のミュージックビデオに携わってきました。最近は、プロモーションビデオや、セレブたちのソーシャルメディアアカウントのBTS(撮影裏動画)を撮影してりしています。 Chintanは、ハリウッド校で、ビズネス+TOEICプログラムを6ヶ月受講し、ビジネスで使える英語力と発音を向上させてきました。彼は、いつも学校のアクティビティへ参加してくれるので、今回は彼の学校アクティビティでの経験について話を聞いてみました。 “学校のアクティビティへ参加するのはとても楽しく、いろんな国籍の人たちとたくさん知り合うことができました。それにより、自分の文化に対する意識を向上させてくれ、新しい友達を作ることができました。ハリウッド校とウェストウッド校混合の30人以上の生徒と一緒にラスベガスのアクティビティへ参加したこともあります。バーや、クラブ、ストリップへ行き、ラスベガスのストリートの上で、クラスメイトと酔いつぶれたけど、最高に楽しい時間でした! また、ダウンタウンへのプチ遠足にも参加しました。Broadミュージアムや、ラストブックストアへ行ったり、グランドセントラルマーケットという飲食類が売っている有名なマーケットにも行きました。僕の友達は、Egg Slutで食べていて、とても気に入っていました。 LACMAという自然史博物館にも行きました。スカベンジャーハントを自然史博物館でやって、13個ある展示物を見つけ、チームでセルフィーを撮って遊びました。LACMAでは、たくさんのアートも見ました。たくさんの画家と、たくさんの文化が代表して展示されていました。 為になるし、楽しいので、学校のアクティビティへ参加することを僕はお勧めします。” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください

今までで、一番最高な先生

2018/06/22   -Testimonials
 ,

ハリウッド校の注目生徒 今週の注目生徒は、日本の千葉県出身のミシロ ハルカです。彼女は、10か月前にMLIで英語を学ぶためにロサンゼルスへ来ました。放課後は、ミレニアムダンスコンプレックスや、エッジで、ダンスレッスンを受けています。ジャズファンクというダンススタイルが彼女のお気に入りです。今日は、ハルカから、彼女のMLIでのクラスについてやお気に入りの先生について聞いてみました。 “私は、MLIで勉強し始めてもうすぐ1年になります。ビギナー1のクラスから始まり、いまはインターメディエイト2のクラスを受けています。今までの英語の先生で一番の先生は、Lisaです。彼女は、ビギナー1と2のクラスで、グラマーを教えてくれた先生でした。彼女は、分かり易く、ゆっくりと教えてくれるので、生徒みんながちゃんと理解ができました。私はLisaからたくさんのことを学びました。授業内では、毎日生徒同士でスピーキングを練習しました。月曜日には、週末になにをしたかをディスカッションします。グラマーを会話のなかで実践できるので、とても役立ちました。また、クラスメイトについても学ぶことができました。時々、授業内でビンゴのようなグラマーゲームをしました。まず2つのチームに分かれて、’be verb’、’going to’、’will’、’was’を使った文章を考えます。このゲームは楽しくて盛り上がるので、私はとても好きでした。みんな勝ちを狙っていたのでみんなで騒いで、応援しあいました。そのときに、Lisaは、発音も教えてくれるので、そこも好きでした。Lisaはとても優しいです。私は、ディズニーのアリエルが大好きなんですが、ある日、Lisaがビギナーのクラス内で、アリエルの主題歌、’Part of Your World’を教えてくれて、クラスメイトみんなで歌ったりしてとても楽しかったです。放課後、私と友達で、ずっと教えてもらった歌を歌っていました。Lisaは、素敵な先生で、いつも最高のハグをしてくれます。彼女がしてくれるハグはいつも私をハッピーにしてくれます!” 他の生徒のインタビューはここをクリックしてください!

ロサンゼルスのカレッジへ行く方法

2018/06/08   -Testimonials
 ,

Jayは、サウジアラビアのジッタ出身です。彼は、マネジメント ホスピタリティのBachelor’s Degree(学士号)を ジッタにあるPrince Sultan大学で2013年に取得しました。2016年5月に、アメリカのカレッジでフードとケータリングのMaster’s Degree(修士号)を取得するという目標と共に、ロサンゼルスへ引っ越してきました。今週、私はJayと話し、大学への軌道など詳しく聞いてみました。 “2016年、政府からの英語向上、カレッジ進学のためのスクーラーシップでカリフォルニアに来ました。留学生がアメリカのカレッジへ行くには、TOEFLまたはEILTSのスコアが必要です。これらのスコアで、あなたの英語力を学校へ示します。アメリカへ来るまで、TOEFLがどんなテストなのか、それが英語のテストだという認識以外はありませんでした。 大学へ進学する大前提に、僕は英語力を上げる必要がありました。そのために、MLIでESLプログラムを受講することに決めました。その後、TOEFLプログラムを受講し、TOEFLテストへの対策をすることにしました。僕は、80-90点の取得をしたかったのですが、TOEFLでこの点数はかなり高得点。カリフォルニアにあるNorthridgeカレッジは、TOEFL84点、Pomonaカレッジは89点が必須です。 TOEFLのクラスを受講し始めて5か月が経ちましたが、今だ難しく葛藤中です。授業では、テストストラテジー、アカデミックな単語、リーディング、そしてエッセイを中心に行っています。時々、アカデミックなリーディングやレクチャーを要約したりしないといけません。TOEFLプログラムは、僕の英語力向上にはかなり効いています。今では、要約したり、何がレクチャーのメインアイデアなのか、文章の内容、リスニングを理解することができます。 TOEFL以外に、Master’s Degree(修士号)へ受験するには、GMATのテストも受けなければいけません。これから、プライベートチューターを通し、GMATのテスト対策をしていくつもりです。TOEFLとGMATのスコアを取得したら、Northridgeカレッジ、Pomonaカレッジ、フロリダのTampa州立大学へ受験しようと思っています。 僕から、未来のカレッジ進学希望の生徒へのアドバイスは、アメリカへ来る前に、カレッジへ受験するための必須項目・条件を調べることです。そうすることで、自分がどの英語プログラムを受講するべきかわかるはずです。 他のインタビューを見るにはここをクリックしてください!

Copyright© Mentor Language Institute , 2019 All Rights Reserved.